© 2019 by Sae Kani.

Retreat

個人の変容と成長は生涯終わることのないプロセスです。何かを達するために、結果を出すために、自身の成長があるのではありません。生まれて、死ぬこと、は誰にも変えられない運命だとしたら、何のために生まれて、何のために生きるのでしょうか?その答えを探し、決して終わることのない自分とは何者か、「Who am I?」を見つめるためにリトリートは存在します。普段の生活から離れ、自然の中でいつも忘れている五感を取り戻し、完全に自分だけのために自分の内側に向き合う時間です。

2019年のリトリートのテーマは「自己受容」

 

「生まれることなく、死ぬこともなく

名前もなく、顔もない — そのプレゼンスへ」(Sagarpriya D)

 

 

私が自分の成長のために現在も定期的に行なっているワーク「ダイアモンドアプローチ」から「Who am I?」自分とは何者かというプレゼンスの基本に問いかけるワークを行います。いつも頭の中でうるさく言ってくる「私」とはは誰なのか?どうしたら条件づけされたマインドから自由になれるのか?

 

これらのワークはもちろん2泊3日のリトリートですぐに結果の出るものではありませんが、自分の中の思考パターンに気づく、そしてそれを自分で内観するプロセスを知ることで普段からもその癖に気づいていくことができるようになります。

 

自分一人ではなかなか見つからないもうひとりの自分とは?自分の中の男性性と女性性のバランスを問いかけるワークなども行なって行く予定です。

 

9月21〜23日、場所は富士山麓です。(2泊3日)

定員10名

料金:12万5000円

河口湖からの送迎、宿泊、お食事全部込みのリトリートです。

場所は、富士山樹海の磁場がぐんぐん丹田に入ってくるような森の中のとても素敵なところです!

こちらからお申込みください。